Serjiho Muto Organization

James Brown Tributeを始めブラック・ミュージック・レビューを催すSerjiho Muotの活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

7月6日(日)
西荻窪terra
「GM Jam 」

松本照夫-ドラム
http://members-abs.home.ne.jp/teebf/matsumoto.htm
遠藤敬三-ベース
http://home.u06.itscom.net/redcrow/keizo_endo/profile/profile.html
寺田一仁-ギター
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m49598110
寺田航平-ギター
セルジオ・ムトウ-歌

3日は若手実力凄腕ミュージシャンに続いて今回はベテラン凄腕ミュージシャン
とJam Gigでした。

「せーの!」で演奏するサウンドチェックのみの演奏一発Gigは
J.B.トリビュート Super Jamもそうですが、緊張感でますね・・ww

Al GreenのLove & Happiness
ツインギターでどちらかと言うと西海岸Soul Rockなフィーリングの
演奏でしたが楽しめました・・・
途中でサイズ見失い・・ご愛嬌wwってこの曲のお約束?w

松本師匠と遠藤さんのリズム・・歌っていてサイコーです。



このGig終了して・・主催から「また2ヵ月後・・お願いします!
今度はLove & HappinessがJamテーマで」とww
やっぱり言葉の持つテーマがいいんですね。

そして
Love the One You're with



生涯初めて歌いました。ギターでのプレイ経験はあるんですけれど・・
演奏は・・ツインギターでオールマンBroな?Rock’n Soul
もうバンドが構成たたみかけ・・そこに歌あわせるってスリリングでしたが、
気持ちよかったー!
レパートリーにしようかな??


最初の2曲
Sam CookeのBring It On Home To Meと
Smokey RobinsonのI Second That Emotion







スポンサーサイト

GIGS インフォメーション | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Funk Undercover 3 | HOME | 紫雨・・テキーラ >>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。