Serjiho Muto Organization

James Brown Tributeを始めブラック・ミュージック・レビューを催すSerjiho Muotの活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Serjiho Muto Organization 2008 Vol.3レポ3

3曲目はdestiny's child のカバーで Bootylicious
Michael Jacksonの芸暦30周年記念Liveの時にdestiny's childが
Michaelを目の前にしてBillie Jeanを折り込んで歌ったバージョン
が元ネタです。
そして前回のBeyonceのツアー時にディスチャ・メドレーで
Beyonceが歌ったサビにStevie Wonderの迷信(Superstition)のホーンリフ
が入ったのバージョンをカップリング。

ラプソディーの2人は白い衣装を着て。

ケリー、ビヨンセ、ミシェルのパートを全部1人で歌い。
ラップ部分はひっみー


スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

GIGS インフォメーション | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Serjiho Muto Organization 2008 Vol.3レポ4 | HOME | Serjiho Muto Organization 2008 Vol.3レポ2 >>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。