Serjiho Muto Organization

James Brown Tributeを始めブラック・ミュージック・レビューを催すSerjiho Muotの活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Please Please Please

■Please Please Please



ラストナンバーはお約束!?ケープショウー!
amy-Aにケープをかけてもらいました。
ケープの開き具合がGoodですね。

そして巨匠こと水谷啓二さんがサックスで飛び入り。

■Soul Train Medley - Sex Machine



リハーサルの無いガチンコGigのJames Brown Tribute Super Jam
の定番だったSoul Train Medleyがシリーズ初登場!
まったくSuper Jamとは違った演奏になっています。

レイニーズ加藤さんのグルーヴが全体のサウンドを支配しています。

このコーナー・・全部で20分以上ありまして・・
Sex Machineでの各パートソロ
JB関さん、山本アキラさん、ゆみさんの飛び入りソウル・ステップ!
そしてオーディエンスとのレスポンス!

Youtubeでは10分限度なので・・編集バージョンです。

ブルースアレイではよりグルーヴ約束します!


■Payback - Living In America



Payback・・・ニュアンスが難しい曲でしたねー
そしてメドレー・アレンジで
Living In Americaではダンサーがセットインで華やかに!

■ A Things Got to Get Better (Get Together)



ゲストVoのamy-Aのコーナーです。
ルックスも70年代Funkないでたちで歌を披露してくれました。

最後はJ.B.とBobbyのハンドシェイクで!

■ Pass The Peas



J.B.T.ホーンズのインストナンバー
演奏後の声援もかなりありましたー!

ブルースアレイではインストを2曲にする予定でっす!
スポンサーサイト

GIGS インフォメーション | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<James Brown Tribute Photo | HOME | 御礼 James Brown Tribute Vol.9>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。